面接を兼ねた最初の食事デートに誘われました。
かなり緊張気味の私に、とっても優しく言葉をかけてくれてレストランに連れて行ってくれました。
食事をしながら会話をしていくと、相手の方は独身なのが分かったのです。
私はてっきり結婚をしていると思っていたのですが、別れて今は1人で生活をしていると言う事でした。
子供も大きくなったし、自分1人では何かと寂しいという事も話していました。
「もし良かったら、週に1回程度は時間を作ってもらうことは出来ないかな?」
「は、はい」
「1回で1万円のお小遣いでどうだろうか?」
週に1回会って1万円の副収入、これが月に4万円になると言うのは今の私にとても大きなものでした。
「私としても、お願いしたいと思っています」
そう答えると、とても嬉しそうに微笑んでくれたのです。
不動産会社経営の独身パパと、週に1回の食事デートが決まっていきました。
愛人契約のようにパパ契約をして、定期の関係を作ることができたのです。
40歳に近い私の年齢でも、何とかパパ活というものを成功させることができてしまったのでした。
さすがにこれは嬉しく感じてしまったのです。
定期的な副収入が得られれば生活も楽になります。

それと、パパを探せることが分かったために、ハッピーメールとかJメールでも、もうちょっとパパ活を続けていく気持ちになっていました。
収入は多ければ多いほど良いわけだし、私の年齢でもパパになってくれるリッチな男性を探し出せることが分りましたから。
引き続きパパ募集を出会い系サイトでやっていきました。
最初にパパになってくれた方とは、週に1回本当に待ち合わせすることになりました。
いつも美味しい食事を食べさせてくれてそれを奢ってくれる、さらに1万円の報酬まで支払われているのです。
その間に見つけたのが会社経営をしている50代の方でした。
月に2回程度で1回2万円という条件を出してきた方でした。
もちろんこの条件を受けて、待ち合わせする関係を作っていきました。
 2人のパパを探すことに成功して、定期的に食事を食べる関係を作っていました。
毎月2人のパパから貰うお小遣いは8万円、スーパーマーケットの仕事の給料の他にこれだけ大きな副収入が得られてとても生活が楽になっていました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ活サイトBEST5
パパ活の成功者から学んだ優良サイト